SPEED

昨今のスピードブームの影響で、スピードは日常生活の中心になっている。スピードの強さが権力の強さとまで言われていたり。スピードが強い人がモテるような時代だ。

地域の小さな大会は勿論、全国大会や果ては世界大会も開かれ、オリンピック競技の一つに登録するかどうかの議論さえ巻き起こっている。

老若男女問わず誰でも手軽に楽しめ、しかし奥の深いスピードの世界がそこにある!

※スピードが弱いと相手にされないことも……

ADVパートでは、様々なヒロインと一緒に生徒会に持ち込まれた難事件を解決していく。

※ADVパート1

※ADVパート2

物語を進めるには探索パートで情報を集め、攻略の糸口を見つける事が必要だ。校内の至る所を探索して情報を集めよう。

※探索パート 少しの情報を元に校内を駆け巡り……

※攻略のヒントを見つけよう。

当然、物語の鍵を握るのはスピードの実力。負ければゲームオーバー……なんてことも。

ヒロインと協力して、最高のエンディングを迎えよう。

6秒。それは試作版『SPEED』で最強キャラが最速で決着を付けてきた時のタイム。

26枚のカードを6秒――つまり、一枚に付き0.3秒も掛かっていない。そんな超スピードの世界であなたは戦うことになる。

ゲームならではの仕掛けも多数取り込んだ新感覚トランプバトル。

動体視力、反射神経、思考速度、戦略――全てを用いて戦いに挑め!

※バトル画面

※キャラクター毎に様々なスキルを使用してくる。

※スキルにはスキルで対抗しよう。

キャラクターにはカットスピードドロースピードと言うステータスがある。

カットスピードはカードを場に出す速さ。ドロースピードはデッキからカードをドローする速さ。一番速いキャラクターと一番遅いキャラクターの間にはおよそ20倍ほども速さの違いがある。

当然、カードを出すのが速ければそれだけ相手より多くカードを出せるし、試合展開も速くなる。この二つのステータスを上げるためにはBP(バトルポイント)というポイントが必要だ。

※ステータスアップ画面

BPはバトルで勝つと貰える。これは一般の経験値と同じだが、一つ違う所はバトル内容によって貰える量が変動するのだ。

速くカードを出し切り、何回も連続してカードを出し、お手付きを減らす事によってバトルのランクが上がり、その分大量のBPを手に入れられる。

早く強くなるため、高ランクを狙っていこう!

※リザルト画面 最速タイム、高ランクを狙いBPを多く稼ごう。

一度にカードを2枚ドロー出来る。ダブルドローや、一定時間自分のカットスピードが上昇するスピードアップ、果ては手札のカードを変化させるスキルまで、戦いを盛り上げるスキルが盛りだくさん。

その数70種類以上。スキルを駆使しバトルを有利に進めるよう。

スキルを習得するには条件が必要。ストーリーを進めながら習得条件を聞きだし、新しいスキルをどんどん覚えていこう。

※それまで覚えられなかったスキルも……

※習得条件を満たせば、覚えることができる。

今作SPEEDでは、CPUとのバトルで相手を倒すのにかかった最速の時間(ベストレコード)を他のSPEEDユーザーと競い合えるのだ。

その結果がランキングページに送信され、トップ10までの記録が表示される。

ランキング1位を目指して頑張ろう!

※ネットランキング画面